フィナステリドとデュタステリドは働き方も似ている

フィナステリドとデュタステリドは働き方も似ている

フィナステリドもデュタステリドもどちらも育毛効果のある薬です。いずれも成分の化学名であり、フィナステリドはプロペシアといったほうがピンとくる人もいるかもしれません。アメリカのメルクという大きな製薬会社によって開発された薬で、1997年に承認されています。

 

そもそも脱毛はどうして起こるのかについてはいろいろな研究が行われてきました。その大きな原因はテストステロンという男性ホルモンにあります。これが5αレダクターゼと呼ばれる酵素によってジヒドロテストステロンになり、このジヒドロテストステロンが脱毛を起こさせる原因物質であることが分かってきています。そこで、メルクの研究者が考えたのが5αレダクターゼの働きを何とかして止めることでした。そうして見出されたのがフィナステリドというわけです。5αレダクターゼの働きをブロックすることにより、テストステロンからジヒドロテストステロンが作られないようになり、脱毛の進行が抑制されるという仕組みです。

 

ところが、残念ながら全ての人に効果があるわけではありませんでした。そこでより一層の研究が進められた結果、イギリスのグラクソ・スミスクラインというこれまた世界でも有数の製薬会社により見出されたのがデュタステリドです。日本では2015年に承認され、ザガーロという商品名で発売されています。

 

成分名が似ていることからも想像がつくように、これら2つの薬は働き方も似ているところがあります。

 

デュタステリドもまた、5αレダクターゼの阻害効果を持っています。では両者は完全に同じなのでしょうか。もちろん違います。それでは新しい薬を開発した意味がありません。

 

実は、5αレダクターゼには2種類のタイプがあるのです。T型とU型と呼ばれています。働きはどちらも同じくテストステロンからジヒドロテストステロンを作る酵素なのですが、フィナステリドで阻害されるのはU型だけなのです。ですから、T型により作られるジヒドロテストステロンまでは阻害できません。T型により作られたジヒドロテストステロンは依然として脱毛症状を起こしたり、進行させたりしてしまうのです。

 

一方で、デュタステリドはT型もU型も両方を阻害します。ですから、それだけ脱毛症に対して高い効果が期待できるわけです。ですから、フィナステリドで効かなかった人は諦める必要はありません。効かなかった人はI型が優勢なタイプの人かもしれず、そういう人はデュタステリドにより効果を発揮することが大いに期待できます。