男性にとってAGAで髪を失うことは自尊心を失うことに等しい

男性にとってAGAで髪を失うことは自尊心を失うことに等しい

イケメン

 

最近テレビでもAGAという言葉を耳にすることが多くなりました。AGAとは男性型脱毛症のことです。

 

思春期以降に髪の生え際や、頭頂部の髪が次第に薄くなっていくものです。遺伝であったり、男性ホルモンの影響などが原因と考えられており、放置しておくと薄毛が進行していきます。男性ホルモンの影響として、具体的にはDHT(ジヒドロテストステロン)が原因物質と考えられています。DHTの濃度が高くなると、髪の成長が阻害され、髪が太くしっかりと成長する前に抜けていくようになります。

 

細く短い髪の毛が多くなり、頭皮が透けて見えるなどで薄毛が目立っていきます。男性の薄毛の原因はほぼこのAGAだといわれています。このAGAの治療薬は現在、プロペシアとミノキシジルという2つの薬が主となります。まずプロペシアという薬は、DHTが働くのを抑制する働きがあります。プロペシアに含まれるフィナステリドという成分がその役割を果たします。ミノキシジルという薬はもともとは高血圧の方向けの薬でした。

 

しかし、その薬を服用した患者さんに発毛効果が見られたため、発毛薬として処方されるようになりました。この2つの薬を併用することが大事です。どちらか1つだけではAGA対策としては不十分です。プロペシアで抜け毛を防ぎ、ミノキシジルで発毛させるという流れが大切です。日本ではこのAGA治療を専門に扱うクリニックも増えてきました。保険適用外のため、自己負担にはなりますが、比較的安価なところもあります。

 

医薬品のため、この薬の処方を希望する場合は、血圧・血液検査などで使用しても体に副作用が出ないか、医師に診察してもらう必要があります。男性にとってAGAで髪を失うことは自尊心を失うことに等しいと感じる方が多く、かなりの方がAGAクリニックに通われています。ただAGAは進行性のため、治療を止めてしまうと進行が再び始まります。治療をどこまで継続するかはその方がどの程度まで薄毛を改善させたいかで変わってきます。

 

フィナロイドの通販情報

 

AGAに幻想を抱いてはいけません

 

AGAに悩むばかりで手をこまねいてはいないか、鏡を見つめて自覚を強めた先に髪が突然生えるなどと幻想を抱いてはいけません。

 

とはいえ、取っ掛かり手を突ける手段に欠ける。失敗は嫌だし、病院へ通うのも億劫で、正直恥ずかしい。自宅でこっそりひっそり、しかし着実に以前の髪質と量を取り戻せれば、髪に悩む人のこれが総意です。問題に向かう姿勢は見られても腰は重く、二の足を踏んでしまう。だから小手先の対処で日々を闇雲に送り、しまいには地肌が見え隠れしていた部分が露出し始めて、諦め手遅れに匙を投げる。こうならないための対策があります。

 

髪には生えて抜けるまでの周期に従い発毛と脱毛を繰り返す。

 

薄毛に悩む人のそれは髪が太くしっかり伸びる成長期が極端に短く、育毛の中途で抜け落ちてしまう、または成長が未熟で短く細い姿が脱毛するまで続いて髪と髪とに隙間を与えてしまい、それが傍目から量の少なく地肌を露わにする。つまり、成長期の周期を正せば髪は元のそれに戻るのである。血流の改善を一番にお勧めします。

 

髪は酸素と血液により毛根から栄養をもらい髪を作る。頭皮の環境を整えず結果に悪態をついたり肩を落とすのは悪しき習慣と自らを改める意識の改革も求められるかと。

 

発毛にストレスは大敵です。不満や不安、日常生活に受ける精神的影響と発毛の改善は同属と考えることが肝要です。なぜなら身に受けたストレスが髪の成長を妨げる血行不良を促しているから。

 

髪が生える良好な環境を先ず整えて発育を促し、髪の成長をしばし待つ、散髪に通う回数を考えれば髪の成長速度は早くはありません。

 

気長に待つこと、そしてその時に髪は適切な対処を行えば生えるという確証や裏づけを必ず調べ、心が揺らがぬようしっかりと強く目的に突き進むことが改善への道なのです。

 

偏った食生活も改善をするべきだろう、髪によいとされる食材ばかりを多く摂取することは勧めませんし、バランスの取れた食事もそれほど必要はありません。決まりきった食べ物を短いサイクルで摂取し続けることがいけない。また、食べる量は減らすべきでしょう。消化に費やすエネルギーは食べ過ぎた後の眠気がそれを物語ります、大量に費やされる、髪に少しでも血流を届けたいならは七分から八分の食事量が目安です。

 

本気でAGAを対策していくのであれば、育毛剤のチャップアップを使ってみてください。リーズナブルで気軽に薄毛対策をすることができます。私も半年つかいましたが、イイ感じです!

 

フィンペシアの通販情報